ルミノール1950のパネライ買取での位置づけ

パネライは、1860年創業の、イタリアの高級腕時計メーカーです。当初から、精密機器の製造を得意としており、時計や光学機器の特許を取得していきました。また、イタリア軍にクロノグラフ性の懐中時計を納入するなどして、実績を上げてきました。ただし、高性能の時計は軍事機密に属していたため、長い間一般向けには販売していませんでした。初めて民間向けに時計を販売したのは1993年で、ルミノールなどを限定販売しました。その後1997年になり、本格的に販売に乗り出します。
パネライは以上のように、軍事時計の流れをくむメーカーなので、その性能の高さがウリです。見た目もタフな印象を受け、視認性も良好な仕上がりが特徴です。 ルミノール1950は、クラシックなデザインが魅力の時計です。ベゼルのラウンドは丸みを帯びた加工を施しています。また、サファイヤクリスタルを手間をかけて加工し、独特のエッジ部分の隆起を作り出して、個性を出しています。性能面も良く、日付表示機能や複数のタイムゾーン表記が可能なモデルもあるなど、バリエーションも豊富です。その他、クロノグラフ機能が付いたものもあります。
スポーツウォッチでありながら、クラシカルなデザインのため、スーツに上品に合う時計なので、社会人の方々にも人気が高いです。パネライ買取においても、高い評価を受けます。
ある時計店では、こちらの時計を低下の7割で実施しています。これは、パネライ買取の需要の高さを表しています。