サブマーシブルのパネライ買取からも分かる人気度

パネライのルミノール サブマーシブルは、イタリア海軍に時計を支給していたブランドとしてのルーツをもつパネライが、1956年にエジプト海軍の要請で設計された腕時計をもとに今の時代に沿って発展したモデルで、当時のケース形状を忠実に再現した付加価値などが非常に愛用者にはステイタスを感じる特別な存在になっています。
中でも、ルミノール 1950 サブマーシブル 3デイズ PAM00305は、ボリュームのあるパネライらしいフェイスの存在感に加えて、年間の生産1000本というレアな限定感や、潜水用の酸素ボンベの残量が一目でわかる特徴的なドット表示の回転ベゼルや、過酷な使用環境でも精度や信頼性を現行モデルに受け継いでいる点でも、特に市場では愛用者の支持率が圧倒的に高いです。
その上、ムーブメントはオリジナルモデルを経た改良点を盛り込みオートマティックを採用し、以前のモデルよりもさらに精度が増した回転式ベゼルの実用性も高く評価されています。
定価約87万円のこのモデルは、買取価格の参考例を見ると60万円での買取事例もあるほど時計買取店のパネライ買取の中でも人気の高いモデルです。
さらにパネライ買取は中古相場観でもあまり値崩れを起こしてない点でも分かる通り、稀少性の高さは多くの時計買取店から重宝されるモデルとして位置づけています。 特にパネライサブマーシブル/5218-205Aスペシャル エディションシルヴェスター・スタローン モデルは、生産本数に限りがあるため非常に高い買取相場観で取引されているのが特徴的です。